運動をスタート、一時停止、終了する方法

運動をスタート、一時停止、終了する方法

スタート

メインウォッチフェイスの確認ボタンを1回押して、設定メニューを開きます。次にスクロールして、開始する運動モードを選択します。

スタートページで、必要に応じて設定を調整します。運動を始める前に、心拍数とGPS信号が完全に取得されるまで待ってください。そうしないと、心拍数とGPSのトラッキング精度に重大な影響を与える可能性があります。ANT+アクセサリーを使用する場合は、アクセサリーの白いアイコンが点灯するのを待ってください。

一時停止

確認ボタンを1回押して、現在の運動を一時停止します。一時停止中は、一時停止したタイマーと現在の心拍数がページに表示されます。運動モードに応じて、以下のオプションのすべてまたは一部が表示されます。

再開

  • 運動を再開するときに選択します。
    レーン 1 400M
  • 走行中のトラックのレーンを変更するときに選択します。

終了

  • 運動を終了するときに選択します。
  • COROS APEX/APEX Pro/VERTIX ユーザーは、運動を終了するときに3秒間長押しします。

詳細

  • 現在の運動の詳細を表示するときに選択します。

ラップ

  • 各ラップの距離、時間、ペース/スピードのデータを表示するときに選択します。ラップタイプがウォームアップ、クールダウンまたは休憩の場合は、それぞれW(ウォームアップ)、C(クールダウン)、R(休憩)と表示されます。

後で再開

  • 選択して進捗状況を保存し、一時的に運動モードを終了し、メインウォッチフェイスに戻ります。これにより、複数日の活動中でのバッテリー寿命を節約することができます。
  • 以下にリストアップする一部の運動モードで使用できます。
    • トレイル
    • 登山
    • ハイキング
    • バイク
  • ハードウェアの制限により、PACEでは使用できません。
    トライアスロンモードは通常の一時停止ページには対応していません。確認ボタンを押してトランジションに入ります。トランジションページで戻る/ラップボタンを押すと現在のセッションに戻ります。トライアスロンの運動はフルでしか終了できず、早く終わらせることはできません。

終了

運動を終了すると、運動の詳細ページが表示されます。複数のラップまたはセッションが記録されている場合は、このページの下部にラップの詳細を表示するように選択できます。

COROSウォッチで以前に保存した運動にアクセスするには、メインメニューのAIコーチに移動し、下にスクロールします。

運動の終了がうまくいかない場合は、このブログを参考にしてください。