GPS衛星データをウォッチにダウンロードします

GPS衛星データをウォッチにダウンロードします

アウトドア活動中にGPS測位をオンにするには、衛星の位置情報(GPS衛星データ)をダウンロードする必要があります。ウォッチを使ってGPS衛星から直接ダウンロードする場合は、信号がよく届く広い環境で行い、その場で少なくとも2分待つ必要があります。COROSアプリは、スマホのネットワークを利用して最新のGPS衛星データを自動的に更新し、Bluetooth接続でウォッチに送信するので、ウォッチの測位時間を15秒~30秒大幅に短縮することができます。正確な運動データと完全なトラック情報を得るためには、GPS測位が成功してから運動を開始することをお勧めします。

GPS衛星データのダウンロードには、以下の方法があります。

• アプリがウォッチに接続されるたびに、直近7日間のGPS衛星データが自動的にダウンロードされ、ウォッチに送信されます。送信処理には約2分かかりますが、このときにアプリを閉じないでください。

• ウォッチ内のGPS衛星データが7日以上更新されていない場合、通知が表示されます。この場合はアプリを開いてウォッチに接続し、ウォッチのデバイスカードで「GPS衛星データのダウンロード」をタップし、送信が完了するのを待ちます。

• ウォッチにGPS衛星データがダウンロードされていない場合、屋外の広い環境で測位をオンにすると、ウォッチは直接GPS衛星から位置情報をダウンロードしますが、このプロセスには2分かかることがあります。その場所で測位が成功するのを待ってから運動を始めることをお勧めします。

以下の場合には、GPS衛星データの再ダウンロードと更新が必要となります。

• 前回の更新から7日以上経過しています。

• 最後に測位が成功した位置から200km(322マイル)以上離れたところにいます。