COROS ウォッチを充電する方法

COROS ウォッチを充電する方法

充電の開始

  • お使いのCOROSウォッチの充電ケーブルを設置してください。
  • 充電ケーブルをUSB電源アダプタまたはコンピュータに接続します。
  • COROSウォッチに充電ケーブルを接続します。
  • ケーブルがCOROSウォッチの背面に完全に挿入されていることを確認してください。
  • ケーブルは磁気ではありませんので、自動的にスナップインすることはありません。
  • 充電が始まるとウォッチは自動的に電源が入ります。ウォッチフェイスに現在のバッテリー残量が表示されます。
  • 充電が完了すると、COROSウォッチに緑色の円と100%のバッテリー・ステータスが表示されます。

運動中の充電

COROSウォッチは、運動中の充電に対応しています。運動の記録中でも充電が可能です。充電をしても、進行中の運動が妨げられたり、ストップされたり、リスタートされたりすることはありません。

現在のバッテリー残量を確認する

以下の手順に従って、COROSウォッチの現在のバッテリー残量を確認します。

  • お使いのウォッチのメインウォッチフェイスにあるこのアイコンを探します。表示されている数字がバッテリー残量です。このアイコンが見つからない場合は、戻る/ラップボタンを押して、メインウォッチフェイスにあるデータを切り替えます。
  • COROSアプリで、COROSウォッチを追加した後、デバイスページでウォッチのアイコンをタップします。ウォッチIDの下にあるこのアイコンを探します。続く数字がバッテリー残量です。

バッテリーが低いときに電力をセーブする

COROSウォッチのバッテリー残量を延長するには、以下の手順に従ってください。バッテリーの永久的な損傷を防ぐために、バッテリーが0%になる前に必ずウォッチを充電してください。

  • ジェスチャー点灯モードを無効にします。
    • メインウォッチフェイス > 設定 > システム > ジェスチャー点灯 > オフ
  • バイブを無効にします。
    • メインウォッチフェイス > 設定 > システム > バイブ > キー | アラートバイブ > オフ
  • トーンを無効にします。
    • メインウォッチフェイス > 設定 > システム > トーン > キー | 着信通知 | アラーム | 運動アラートトーン > オフ
  • 屋外のランニング運動では長稼働GPSモードをオンにします。
    • メインウォッチフェイス > ラン | トレイル | 登山 (COROS APEX Pro/VERTIXで使用可能) | ハイキング > スタートページを選択し、戻る/ラップボタンを長押し > 長稼働モード > オン > 戻る/ラップボタンを押してスタートページに戻る
  • スマホメッセージを無効にします。
    • COROSアプリ > デバイスページ > メッセージ通知 > すべてのメッセージ通知を無効にする > オン
  • 夜間のトレーニングではナイトモードを有効にします。
    • メインウォッチフェイス > ツールボックス/クイックメニュー > ナイトモード

トラブルシューティング

  • ウォッチを充電しても電源が入らず、故障した場合は、以下の手順でウォッチをリスタートさせてください。
    • 画面がオンにならない場合でも、ウォッチを2時間以上充電してください。
    • ウォッチから充電ケーブルを取り外します(このステップは非常に重要です)。
    • パワーボタンを15秒間以上、またはCOROSロゴが表示されるまで長押しします。
      • パワーボタンの位置
        • COROS PACE 2- 左下のボタン(確認ボタン)
        • COROS APEX – 一番上のボタン(デジタルダイアル)
        • COROS APEX Pro – 一番上のボタン(LIGHTボタン)
        • COROS VERTIX – 真ん中のボタン(デジタルダイアル)
    • COROSウォッチの両方のボタンを同時に押さないでください。同時に押すと、ウォッチは非アクティブモードになり、通常の操作や充電に反応しなくなります。使用を停止する場合は、ウォッチの電源をオフにしてください(メインウォッチフェイス > 設定 > システム > 電源オフ)。

充電状態が安定しない場合は、電源コンセントの電圧が高すぎたり、低すぎたりしていないか否かを確認してください。コンピュータまたは標準的なUSB電源アダプタに切り替えて、再度お試しください。

金属ピンにゴミが付着していないか確認してください。ケーブルを電源から外し、ウォッチとケーブルをすすぎ洗いします。風乾させてから再度お試しください。