EvoLabについてよくある質問

EvoLabについてよくある質問

今回の運動でワークアウトステータスデータがないのはなぜですか?

ワークアウトステータスは、アウトドアランの現在の運動状況を評価するためのもので、関連データはアウトドアランやトラックランのプログラム終了後にのみ提供され、パーセンテージが高いほど、現時点での運動状況が良好であることを示しています。今回の運動でワークアウトステータスが表示されない場合、次のいくつかの理由が考えられます。

トレーニング強度と時間の不足

アウトドアランやトラックランでは、少なくとも10分以上の運動を行い、なおかつ最大心拍数の70%以上の運動心拍数を一定時間維持する必要があります。1回の運動でこの基準に達しない場合、ワークアウトステータスデータが表示されない可能性があります。

インターバルトレーニングの時間が短い

ばらつきが大きいインターバルトレーニングのデータは、システムによる正確な評価には適していません。また、短時間のインターバルランで全体的なワークアウトステータスを評価しても、持久運動の参考値とするには限界があります。したがって、インターバル運動では、各セットの運動時間が3分以下の場合、 1回の運動でのワークアウトステータスは表示されない可能性があります。

注意すべき点は、ワークアウトステータスはあくまでも現在の運動に対するものであり、個人のトレーニングでワークアウトステータスデータが得られない場合でも、モデルや状態の評価には影響しないということです。


今回ワークアウトステータスが上昇しているのに、運動能力は逆に低下しているのはなぜですか?

ワークアウトステータスデータは、1回の運動のみについてのデータであり、運動状況が良いとスコアが高くなりますが、そのスコアは現在の運動能力に基づいて評価されます。

運動能力とは、一定期間の運動データに基づいて個人の能力を総合的に評価するもので、ワークアウトステータスを評価する際の基礎となるものです。 ワークアウトステータスのスコアが一定期間安定して高ければ、運動能力の数値が向上する可能性がありますが、個々のワークアウトステータスが優れていても、それは運動能力の向上を意味するものではありません。それどころか、前の一定期間のワークアウトステータスなどの要因に影響されて、運動能力が低下する可能性すらあります。


EvoLabでは、気候や標高などの客観的な要素を考慮していますか?

現在、EvoLabは温度、湿度または標高などの要素をリファレンス範囲の中に組み込んでいませんが、上述したよくある客観的要因が運動能力やワークアウトステータスに与える影響の傾向は、おおよそ以下のとおりです。

季節による、または突発的な温度と湿度の上昇は、必然的にワークアウトステータスや運動能力の低下を伴います。 体内の温度順応が完了すると、運動能力やワークアウトステータスは安定に向かい、つまり運動能力は一定のレベルで安定しますが、ワークアウトステータスは実際の運動状態に応じて変化します。

運動能力や各生理指標は、夏の方が他の季節に比べて低くなりやすいのです。
急激な標高の上昇(1,800m以上)は、酸素濃度などの要因により、運動能力、ワークアウトステータス、生理指標の短期的な低下を引き起こす可能性があります。 適切な順応性トレーニングにより、データは安定に向かいますが、それでも通常のパフォーマンスレベルを下回ることになります。

上述の客観的な環境要因は、将来的にEvoLabのリファレンス範囲に組み込まれ、ユーザーが運動能力やークアウトステータスをよりよく評価するのに役立ちます。


自身のパフォーマンス予測と実際の状況が大きく異なる場合、どうすればよいですか?

パフォーマンス予測は、直近のロードランニングデータと個人の能力に基づき算出される予測であり、実際のパフォーマンスとの差が大きい場合は、ケースバイケースで分析する必要があります。

分析する前に、自分の最大心拍数と安静時心拍数が正確であることを確認する必要があります。また、可能な場合は、最大心拍数テストを行うことで、より正確な値を得ることができます。

自身のパフォーマンスが予測を上回る

自身の過去のパフォーマンスがパフォーマンス予測より高く、また現在の状況でも予測パフォーマンスを上回る時間で対応する距離を完走できると考えられる場合は、手動でパフォーマンス予測を修正することを検討してください。 入力された時間に基づいてモデルはキャリブレーションされます。

現在の状態(休憩、けが、季節などの影響)により予測したパフォーマンスを超えられないと感じた場合は、パフォーマンス予測を維持したままトレーニングを続け、能力の変化を観察することをお勧めします。 なぜなら、運動能力は現在の能力を評価するものであり、それぞれの時期でトレーニングデータに基づいてリアルタイムに調整されるからです。

自身のパフォーマンスが予測を大きく下回る

自身のパフォーマンスがパフォーマンス予測を大きく下回るユーザーの場合(例えば、マラソンの予測パフォーマンスが3時間30分の場合、3時間40分よりタイムが遅いと「大きく下回る」となります)、同様に手動でパフォーマンス予測を修正することを検討するようお勧めします。 入力された時間に基づいてモデルはキャリブレーションされます。


システムで予測された乳酸性閾値の心拍数やペースが現実的なものかどうかは、どのようにして判断すればよいですか?

EvoLabは、運動データを使って乳酸性閾値心拍数とペースを自動的に判断します。最大心拍数などの個人の生理情報が正しく入力されていることを確認した後、システムの予測データの誤差が大きいと思われる場合は、以下のテストを行ってください。

十分なウォームアップを行った後、乳酸性閾値心拍数やペースで運動を持続し、20〜60分程度しか続けられないのであれば、予測データは正確であるといえます。 運動時間が60分を超えても疲労や筋肉痛が感じられない場合は、予測乳酸性閾値心拍数やペースが低すぎると考えられます。

乳酸性閾値ペースと心拍数の予測も、同様に直近の状況に基づいているため、過去のパフォーマンスと比較して判断することはお勧めしません。

また、いつ「データが出てくる」のかということに関心の高いユーザーもいらっしゃいます。新規ユーザーや、しばらく運動記録を作成していない既存ユーザーの場合、システムが個人の運動モデルを作成するためには、ある程度の量のトレーニングデータが必要となり、そうして初めてウォッチやアプリで関連データを確認することができます。