【APEX】COROS ウォッチのロック解除ができないときは?

【APEX】COROS ウォッチのロック解除ができないときは?

ボタン操作時にウォッチフェイスに小さなロックマークが表示された場合は、まずウォッチの画面ロックを解除する必要があります。これにより、ボタンの誤操作が日常や運動の使用に影響を及ぼすのを防ぐことができます。お使いのオートロックモードに応じて、以下の手順で画面ロックを解除することができます。

  • オートロック – 長押し
    • デジタルダイアルまたは戻る/ラップボタンを長押しして、画面ロックを解除します。
  • オートロック – スクロール
    • メーターバーが一番上に来るまでデジタルダイアルを任意の方向にスクロールします。
  • オートロックモードの設定を調整する方法は以下のとおりです。
    • メインウォッチフェイス > 設定 > システム > オートロック > スタンバイモード | 運動モード > スクロール | 長押し | オフ
  • オートロックモードを有効にすると、以下の場合に画面が自動的にロックされます。
    • スタンバイモードで画面が2分間アイドル状態であったとき。
    • 運動モードで画面が10秒間アイドル状態であったとき。